抗プラスミン薬トランサミンについて

トランサミンは、第一三共株式会社から発売された、抗プラスミン薬で、シミや肝斑(かんぱん)といった女性の肌トラブルに効果が認められています。
トランサミンの主成分トラネキサム酸は、女性ホルモンに直接影響を与えずに、抗プラスミン作用があります。プラスミンの主な働きは血栓を溶かすことですが、同時にメラノサイト(色素細胞)活性化因子でもあり、シミや肝斑を作る原因となります。トラネキサム酸は、このプラスミンの働きを抑制することで、メラニンの発生を抑えてシミや肝斑の発生を抑えます。
トランサミンの服用が長期になっても、ホルモンバランスを崩す作用がなく、安心してご服用いただけます。肝斑のない人が服用しても、特に問題はございません。

トランサミンの効果トランサミン
1、止血効果として白血病、再生不良性貧血、紫斑病、手術中や術後の異常出血、貧血、肺出血、性器出血、腎出血などに使用されます。
2、肌荒れや湿疹、蕁麻疹、痒み、薬剤性の腫れや赤みの緩和を促します。
3、炎症を抑える効果として扁桃炎、咽頭・喉頭炎、口内炎(特にヘルペスウイルスに効果的)の治療にも用いられます。
4、トランサミンには喉のイガイガによる咳を抑える効果や、鼻炎などの炎症をしずめ鼻水を止める効果などもあり、抗生物質と併用で処方されることが多いです。また、アレルギー症状の抑制効果もあり、花粉症やアトピー性皮膚炎の治療にも用いられます。
5、トランサミンにはこのプロスタグランジンを抑制し、メラニンの発生を防ぐという効果があります。メラニンの発生を防ぐ効果のため、美白効果、肝斑や老人性色素斑、炎症後色素沈着に効果的といわれています。
トランサミンの副作用
トランサミンは副作用が少なく、比較的安心な薬とされていますが、リスクがまったくないわけではありません。 人により副作用の発生傾向は異なります。ここでは、一般的な副作用と起こる可能性のある重大な副作用のうち代表的なものを列挙しています。
過敏症状、そう痒感、発疹、発熱などのアレルギー症状)などが報告されています。過敏症状がおこったときには服用を止め、すぐ医師に相談してください。
また、胸やけ、食欲不振、吐き気、下痢など、まれに、かゆみ、ねむけなどをおこすことがあります。こうした症状がおこったときは、医師に相談してください。

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販など豊富な情報

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ販売

バイアグラはアメリカ大手の製薬会社が製造、販売している世界的で最も有名なED治療薬であります。発売されてからもう10年以上になり、ED治療薬としては一番の安全性と信頼を誇っています。