トランサミンの飲み方について

トランサミンとは
トランサミンは第一三共株式会社によって販売されている肝斑やシミの改善薬です。トランサミンの主成分はトラネキサム酸です。トラネキサム酸は体内のプラスミンというたんぱく質分解酵素の作用を阻害する働きがありますから、抗プラスミン薬とも言います。最初、風邪薬として利用されているため、抗生物質の一種というイメージが強いです。実はトランサミンは抗生物質ではありません。

トランサミンの効果について、最近、トランサミンは色素沈着、肝斑やシミに目立つ効果がありますから、肝斑やシミの改善薬や美白薬品として圧倒的な人気を集めています。他には、トランサミンは抗アレルギー効果や炎症を抑える作用もあるため、湿疹や蕁麻疹、口内炎などの治療にも使われています。

トランサミンの服用
トランサミンの服用は薬剤タイプ、体質、年齢、症状によって適宜増減されます。通常、成人は500mgで1回1錠を1日3〜4回服用します。具体的に言えば、以下のようになります。

トランサミン錠250mgと500mgの場合
1日に3〜8錠を3〜4回に分けて服用し、500mgを服用する場合、1日に2〜4錠を3〜4回に分けて服用してください。

トランサミンシロップ5%の場合
症状、年齢により服用量が異なり、規定量を1日に3〜4回に分けて服用します。疑いがあれば、医師の処方の指示に従って服用します。

トランサミン散50%の場合
1日に1.5〜4gを3〜4回に分けて服用してください。もし、服用している間、重篤な副作用が出る場合、早めにお医者さんと連絡してください。

★ED勃起障害治療薬の特徴
レビトラ